通信制高校で勉強しよう!

通信制高校の定義

通信制高校とは、通信による教育を行う過程のことを指します。
通信制高校は定時制高校と並ぶ教育課程であり、家庭に経済的な問題があるため働きながら勉強したい人や、不登校や発達障害を理由に全日制の高校へ通えない人に適した学校です。
最近では、スポーツや芸能活動に専念するため通信制を選択する人もいます。
では、全日制との違いはどこにあるのかについて説明していきます。

通信制と全日制の高校の違い

全日制の高校では、1日平均5時間から8時間の授業があり、就業年は3年間と定められています。
通信制高校では、大学のように単位制を採用している学校が多く、74単位が卒業までの目安となります。
さらに、入学時期も4月の1回のみでなく2回や3回ある場合もあり、転入も可能です。
では、通信制の高校で勉強するメリットについて考えていきます。

通信制高校のメリット

自由な時間

まず1つ目のメリットは、毎日学校に通わなくてよいところです。
経済的な問題などで定時制にも通うことが困難な生徒もいます。
そこで、通信制では自分のペースで学習することができ、高校を卒業したいという希望に対しても柔軟に対応できるというシステムを持っています。
生徒の立場や境遇、個性や体調に応じて無理なく高校生活を送ることができます。

通信制高校は夢に向かう場所

2つ目のメリットは、卒業後の夢を妨げないというところです。
生徒の中には、高校卒業後、プロスポーツ選手やタレントなどになる夢を抱いている者もいます。
そういった生徒は、学業と同時に厳しいトレーニングやレッスンにも取り組まなければならなくなります。
ですが、全日制の高校へ通いながらの多忙な生活では、どちらかが疎かになることがしばしばです。
その点、通信制では学習時間が管理できるため、夢を実現するのに適しています。

多様な人材が集う

3つ目のメリットは、様々な年代や経歴の人が集まるというところです。
全日制では決して経験できないことです。
違う年齢や経歴の人と接することで、視野が広がり有意義な高校生活を送ることができるのです。